馬瀬川におけるアユ漁不振漁場の環境要因

馬瀬川におけるアユ漁不振漁場の環境要因

レコードナンバー791159論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20028619NACSIS書誌IDAA1216507X
著者名原 徹
苅谷 哲治
書誌名岐阜県河川環境研究所研究報告 = Report of Gifu Prefectural Research Institute for Freshwater Fish and Aquatic Environments
発行元岐阜県河川環境研究所
巻号,ページ55号, p.23-29(2010-03)ISSN18807437
外部リンク
全文表示PDFファイル (458KB) 
抄録近年、アユ漁業の不振が続き、当県のアユ漁獲量は、1992年の1,726tをピークに、2005年には461tまで落ち込んでいる。アユ漁業不振の要因の一つとして、河川での冷水病の発生があげられている。アユの冷水病は、Flavobacterium psychrophilumを原因とする細菌感染症で、河川における冷水病の主要な発生原因は、冷水病菌を保菌したアユ種苗の放流によるものと考えられていた。そのため、河川上流域においては冷水病菌を保菌していない種苗の放流によってこの発生原因を抑制し、友釣り解禁日まで冷水病の被害を抑制できることが実証された。しかし、漁業協同組合への聞き取りでは、河川上流域において冷水病菌を保菌していないアユ種苗を放流しても漁獲状況が良くない漁場が存在していることが明らかになった。そこで、本報では冷水病菌を保菌していないアユ種苗を放流しても漁獲状況が良くない漁場の一つを調査し、漁獲状況に影響を与える環境要因について検討した。
索引語冷水病;冷水病菌;保菌;アユ種苗;漁獲状況;環境要因;河川;放流;発生原因;河川上流域
引用文献数15
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat