PCR法を用いたファイトプラズマの検出と高知県における利用

PCR法を用いたファイトプラズマの検出と高知県における利用

レコードナンバー791218論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
著者名矢野 和孝
竹内 繁治
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ19号, p.1-5(2010-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (375KB) 
抄録1999年以降、高知県内で栽培されているスターチス、ナス、ネギおよびデルフィニウムに黄化、萎縮、叢生などの症状が発生し、ファイトプラズマによる病害の発生が疑われたので、PCR法によるその検出を実施した。検出はNamba et al.(1993)が報告した方法に準じ、Mollicutes綱に特異的なユニバーサルプライマーセットを用いたPCRを実施後、そのPCR産物を鋳型としてファイトプラズマに特異的なプライマーを用いたnested PCRを実施した。その結果、罹病株では750bp付近にバンドが見られたが、健全株では見られなかったことから、ファイトプラズマによる病害であると考えられた。また、同様な方法で、スターチス栽培圃場周辺から採集したヒメフタテンヨコバイや雑草からもファイトプラズマが検出された。以上の結果から、本法はファイトプラズマ病害の診断、媒介虫の保毒調査、雑草の汚染調査に有効であると考えられた。
索引語ファイトプラズマ;検出;PCR;PCR法;病害;実施;方法;雑草;スターチス;ヒメフタテンヨコバイ
引用文献数10
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat