ナスの促成栽培におけるセイヨウオオマルハナバチによる受粉

ナスの促成栽培におけるセイヨウオオマルハナバチによる受粉

レコードナンバー791222論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
著者名橋本 和泉
前田 幸二
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ19号, p.29-35(2010-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (513KB) 
抄録ナス品種‘竜馬’の促成栽培において、セイヨウオオマルハナバチによる受粉について検討した。1.インキュベーター内で異なる温度条件下で培養した寒天培地上でのナス花粉の発芽率は、10℃および12℃恒温条件下では0%、15℃恒温条件下では約20%と著しく低かった。一方、促成栽培ハウス内の変温管理を想定した10〜26℃の範囲内の変温条件と25℃恒温条件下ではほぼ同等で、56〜67%と高かった。2. 10〜26℃の範囲内で変温管理した促成栽培ハウス内で培養した寒天培地上のナス花粉の発芽率は、インキュベーター内25℃恒温条件下に比べて置床から3〜6時間後には高く、9〜24時間後にはほぼ同等の18〜25%の範囲内で推移した。3.最低夜温10℃として10〜27℃の範囲内で変温管理したハウス内にセイヨウオオマルハナバチ1群を放飼し、10月〜6月まで促成栽培したところ、収穫果率は80%以上で、収穫所要日数、上品率および上品収量ともに慣行の植物ホルモン剤による単花処理とほぼ同等となり、ナス品種‘竜馬’の促成栽培における花粉媒介昆虫としてのセイヨウオオマルハナバチの利用が可能であることが分かった。
索引語範囲内;セイヨウオオマルハナバチ;促成栽培;恒温条件下;促成栽培ハウス内;受粉;ナス;ナス品種;竜馬;培養
引用文献数19
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat