長野県在来カブ品種‘王滝蕪’の採種に関わる形質における品種内変異の状況

長野県在来カブ品種‘王滝蕪’の採種に関わる形質における品種内変異の状況

レコードナンバー791266論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名窪田 里子
大井 美知男
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ46巻・ 1-2号, p.13-19(2010-03)ISSN05830621
外部リンク
全文表示PDFファイル (517KB) 
抄録長野県在来カブ品種‘王滝蕪’の品種内変異の状況を把握するために、採種に関わる形質である低温感応性と自家不和合性程度の調査を行った。供試材料には現在栽培者によって自家採種されている53系統を用いた。低温感応性として緑体春化と種子春化処理を行った結果、品種内に系統間差異が認められたが、形態形質との有意な相関も採種者居住地区との関係もみられなかった。自家不和合性程度としては結実莢率と結実粒数の調査を行い、結実粒数について品種内に系統間差異が認められた。形態形質や低温感応性との相関もみられず、採種者居住地区との関係もみられなかった。採種に関わる2つの形質は採種者の作為によらない形質であるが、品種内に変異が存在し、自家採種することで遺伝的多様性が維持されていることが示唆された。
索引語形質;採種;品種内;低温感応性;長野県在来カブ品種;王滝蕪;品種内変異;状況;自家不和合性;調査
引用文献数16
登録日2011年09月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat