上高地におけるチョウ類群集の季節変動と環境評価

上高地におけるチョウ類群集の季節変動と環境評価

レコードナンバー791273論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名山根 仁
金原 伸大
江田 慧子
中村 寛志
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ8号, p.29-39(2010-03)ISSN13487892
外部リンク
全文表示PDFファイル (863KB) 
抄録本研究は長野県松本市にある上高地において、チョウ類群集の季節変動や種構成を明らかにするとともに、チョウ類群集を用いて環境評価を行った。調査は2009年5月26日、6月23日、7月24日、7月30日、8月20日、10月16日の計6回のチョウ類のトランセクト調査を行い、また2009年7月24日と7月30日には定点観測を実施した。その結果、トランセクト調査では7科41種554個体が、また、定点観測では6科24種152個体が確認された。上高地の種構成は高原性種の割合が53.7%で最も高く、またクモマツマキチョウ北アルプス・戸隠亜種Anthocharis cardamines isshikii、オオイチモンジLimenitis populi jezoensis、コヒオドシAglais urticae esakiiの3種の高山チョウが確認された。上位優占3種は、ヤマキマダラヒカゲNeope niphonica niphonica、コムラサキApatura metis substituta、スジグロシロチョウPieris melete meleteであった。Simpsonの多様度指数の値は、平均8.22で6月23日以外は安定した値を示した。EI指数は100となり、「良好な林や草原」と判定され、環境階級存在比(ER)による環境評価では、天然更新林といった環境の1次段階と判定された。また、過去の上高地や近隣の島々谷のチョウ類群集との比較から、現在の上高地のチョウ類群集はタテハチョウ科や高原性種が増加傾向にあり、それらの種の生息に特に適した環境になりつつあることが示唆された。
索引語上高地;チョウ類群集;環境評価;季節変動;環境;種構成;トランセクト調査;定点観測;確認;高原性種
引用文献数17
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat