近紫外線除去フィルムを利用した葉ネギ害虫の効率的防除体系

近紫外線除去フィルムを利用した葉ネギ害虫の効率的防除体系

レコードナンバー791314論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名浦 広幸
嶽本 弘之
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ29号, p.13-16(2010-03)ISSN13414593
外部リンク
全文表示PDFファイル (265KB) 
抄録葉ネギの重要害虫であるネギハモグリバエに対する近紫外線除去フィルムの防除効果を場内ほ場で検討した。その結果、近紫外線除去フィルムには本種に対し高い防除効果が有ることが示された。さらに主要な葉ネギ害虫(ネギハモグリバエ、ネギアザミウマ、シロイチモジヨトウなどチョウ目害虫)に対し近紫外線除去フィルムと化学薬剤を組み合わせた防除体系を現地ほ場で評価した。ネギハモグリバエ多発条件下においても、供試した体系は慣行区に比べ2/3の薬剤散布回数でこれら害虫の被害を抑制した。以上のように、近紫外線除去フィルムを核とし薬剤による補正防除を組み合わせることで施設栽培の葉ネギにおける効率的害虫防除体系が構築できる。
索引語近紫外線除去フィルム;葉ネギ;ネギハモグリバエ;葉ネギ害虫;防除効果;ネギアザミウマ;シロイチモジヨトウ;評価した;供試した体系;害虫
引用文献数8
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat