電照栽培による8月上旬、9月中旬収穫に適した小ギク品種の選定

電照栽培による8月上旬、9月中旬収穫に適した小ギク品種の選定

レコードナンバー791324論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名成山 秀樹
月時 和隆
執行 明久
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ29号, p.60-64(2010-03)ISSN13414593
外部リンク
全文表示PDFファイル (318KB) 
抄録8月の旧盆や9月の彼岸の高需要期に小ギクを安定して出荷するため、電照栽培による8月上旬および9月中旬収穫に適する小ギク品種を選定した。2007年に、収穫日と切り花品質(切り花長、1本重)を選定基準に一次選定を行い、その結果を基に定植日、電照日数を調整し、基準切り花品質に草姿を加えて2008年に二次選定を行った。8月上旬収穫目標については、14品種を供試し、「精ちぐさ」、「精ひなの」、「舞人」、「こばと」の4品種を適品種として選定した。9月中旬収穫目標については、13品種を供試し、「桃星」、「花絵」、「白水」、「せせらぎ」、「KSメイト」、「しずか」、「秋の星座」の7品種を適品種として選定した。また、9月中旬収穫目標の品種は、8月上旬収穫目標に比べ、電照により草姿が改善される傾向が見られ、電照栽培に適していることが示唆された。
索引語電照栽培;9月中旬収穫;小ギク品種;選定;草姿;9月中旬収穫目標;品種;小ギク;収穫日;切り花品質
引用文献数6
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat