イチゴ新品種‘まりひめ’の育成経過と特性

イチゴ新品種‘まりひめ’の育成経過と特性

レコードナンバー791341論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名西森 裕夫
田中 寿弥
東 卓弥
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ11号, p.1-8(2010-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (878KB) 
抄録1.‘まりひめ’は‘章姫’בさちのか’の組み合わせから育成された促成栽培用品種で、2008年に品種登録を出願された。2.草姿はやや立性で、草勢が強く、草丈は‘さちのか’より高く、‘章姫’より低い。促成栽培での冬季のわい化は少なく、育成地では電照やジベレリン処理を必要としない。3.育成地のポット育苗における花芽分化時期は9月14日前後で‘さちのか’より早く、‘章姫’より遅い。頂果房の収穫開始時期は12月上旬であり、‘さちのか’よりも2週間以上早い。第一次腋花房の出蕾がやや遅く、頂花房との間に収穫の少ない時期ができやすい。4.1月までの早期収量は‘章姫’、‘紅ほっぺ’と比べて同等かやや多い。4月までの総収量は‘さちのか’、‘章姫’より多く、‘紅ほっぺ’と比べて同等である。上物率は奇形果や乱形果が少ないため77%と高い。可販果の平均果実重は18g以上で、‘さちのか’の15〜16gに比べて大きく、‘紅ほっぺ’とほぼ同等である。5.果実糖度は‘さちのか’と同等に高く、時期による変動が少ない。酸度は‘さちのか’より低く、‘章姫’よりやや高い。6.特定の病害には抵抗性を有さず、特にイチゴ炭疽病には‘さちのか’と同様に弱い。‘紅ほっぺ’と同様に心止まり株の発生がみられる。
索引語さちのか;章姫;まりひめ;紅ほっぺ;育成地;草姿;立性;草勢;冬季;わい化
引用文献数13
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat