コマツナ連作における2種農薬の残留特性

コマツナ連作における2種農薬の残留特性

レコードナンバー791383論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024521NACSIS書誌IDAA12164179
著者名池田 悠里
橋本 良子
書誌名東京都農林総合研究センター研究報告
別誌名東京農総研研報
発行元東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
巻号,ページ5号, p.61-65(2010-03)ISSN18811744
外部リンク
全文表示PDFファイル (240KB) 
抄録東京都の主要農作物であるコマツナに対し、ダイアジノン粒剤およびイミダクロプリド粒剤、イミダクロプリド水和剤を連用した場合、コマツナに残留基準値を超えて各薬剤が残留することはなかった。また、土壌に蓄積する傾向も認められなかった。
索引語コマツナ;コマツナ連作;残留特性;残留;東京都;主要農作物;ダイアジノン粒剤;イミダクロプリド粒剤;イミダクロプリド水和剤;連用
引用文献数8
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat