蒸気式乾燥室から排気される空気を用いた予備乾燥

蒸気式乾燥室から排気される空気を用いた予備乾燥

レコードナンバー791455論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038128NACSIS書誌IDAA12464820
著者名武智 正典
書誌名愛媛県農林水産研究所林業研究センター研究報告
別誌名愛媛県林研研報
Bul. Forestry Res. Cent. Ehime Res. Inst. Agric. Forest. Fish.
発行元愛媛県農林水産研究所林業研究センター
巻号,ページ28号, p.8-12(2010-03)ISSN13489534
全文表示PDFファイル (295KB) 
抄録蒸気式乾燥では、木材から蒸発した水分を、加熱された空気とともに乾燥室外へ排気する方法が用いられている。この排気空気はその後利用されることは殆どなく、大気中にそのまま放出されている。前報(武智、2009)では、蒸気式中温乾燥方法で5日間スギ間柱の乾燥を行い、乾燥室から排気される空気の温湿度、排気量を実測した結果、排気空気が予備乾燥の熱源に利用できることが判明した。今回、この排気空気をそのまま利用し、スギ間柱を予備乾燥した。この結果、夏季の排気空気を用いた場合、予備乾燥室の湿度はダンパーの開度と風速により制御可能で、10日間の予備乾燥により含水率を20%程度まで乾燥することができた。また、冬季の排気空気を用いた場合は、予備乾燥室の湿度はダンパーの開度と風速に加え、補助ヒーターを用いることにより制御可能で、8日間の予備乾燥により含水率を20%程度まで乾燥可能であった。さらに、予備乾燥後に仕上げ乾燥(含水率15%以下)を行った結果、品質が良い乾燥仕上がりであった。
索引語予備乾燥;排気空気;排気;空気;湿度;結果;利用;含水率;予備乾燥室;ダンパー
引用文献数6
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat