新潟県における「低コストで傷みにくい作業路」開設事例調査

新潟県における「低コストで傷みにくい作業路」開設事例調査

レコードナンバー791467論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020665NACSIS書誌IDAA11278150
著者名小柳 正彦
岩崎 昌一
日水 和久
書誌名新潟県森林研究所研究報告 = Bulletin of Niigata Prefectural Forest Research Institute
別誌名研究報告
発行元新潟県森林研究所
巻号,ページ51号, p.27-34(2010-03)ISSN13438999
全文表示PDFファイル (1215KB) 
抄録積雪条件の異なる県内5カ所で波形線形や垂直切土等を採用した作業路を試験的に作設し、功程調査と耐久性調査を実施した。根株を盛土の補強に用いる工法では、作業時間に占める根株処理時間の割合が非常に大きいことがわかった。1、2年経過時点では、どの試験地においても融雪や豪雨による著しい損傷は観察されなかったが、県内では集材時期が降水量の多い時期と重なることが多いため、枝条等を利用した路面保護が必要であると考えられた。また深い轍が残っている場合には片勾配による排水が機能しないため対策が必要である。作業路の耐久性については継続調査が必要である。
索引語作業路;県内;切土;作設;作業時間;根株処理時間;新潟県;低コスト;開設事例調査;作業
引用文献数7
登録日2011年07月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat