藍藻のカビ臭物質の同定と生育に伴う濃度変化に関する研究

藍藻のカビ臭物質の同定と生育に伴う濃度変化に関する研究

レコードナンバー791478論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008147NACSIS書誌IDAN00157043
著者名岩瀬 理子
安部 俊彦
書誌名東海大学紀要. 海洋学部
別誌名Journal of the College of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the Faculty of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the School of Marine Science and Technology, Tokai University
東海大学紀要海洋学部
海-自然と文化
発行元東海大学海洋学部
巻号,ページ8巻・ 1号, p.27-33(2010-04)ISSN13487620
外部リンク
全文表示PDFファイル (404KB) 
抄録藍藻オシラトリア3種とフォルミディウム6種において、カビ臭物質の同定と生育に伴う濃度変化を検討した。パージトラップGC-MS 分析により、M-71株からはカビ臭物質であるジェオスミンが、NIES-512株からは2-MIBが検出された。ジェオスミン濃度は、培養開始後24および288時間においてそれぞれ190、31ng/(L culture)/A720であった。一方、2-MIB濃度は、培養開始後50および312時間においてそれぞれ3.0、18pg/(10(5)cells)であった。これらの結果から、定常期における2-MIB濃度はジェオスミン濃度の200倍以上であり、また、細胞あたりの2-MIB濃度は細胞増殖に伴って増大し、逆にジェオスミン濃度は低下することが示された。生育温度と2-MIBの生産量の関係を調べたところ、NIES-512株は10-35℃で増殖し、25℃における2-MIB濃度がもっとも高かった。特筆すべきことに10℃においても2-MIBは生産された。以上の結果から、冬季であっても貧栄養条件であっても、カビ臭の主な原因物質である2-MIBは発生することが示唆された。
索引語MIB;MIB濃度;カビ臭物質;NIES;ジェオスミン濃度;生育;同定;濃度変化;結果;cells
引用文献数10
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat