えりも産ハタハタ仔稚魚の日齢と耳石輪紋数の関係

えりも産ハタハタ仔稚魚の日齢と耳石輪紋数の関係

レコードナンバー791505論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009275NACSIS書誌IDAN10008130
著者名吉村 圭三
筒井 大輔
前田 圭司
三戸 充
芳賀 恒介
書誌名北海道立水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experimental Station
別誌名Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experiment Station
Sci. Rep. Hokkaido Fish. Exp. Stn.
北水試験報
発行元北海道立水産試験場
巻号,ページ76号, p.21-29(2009-10)ISSN09146830
外部リンク
全文表示PDFファイル (1071KB) 
抄録日高系ハタハタの日齢解析技術を確立するために、えりも町で60日齢まで育成された人工種苗を用いて礫石と扁平石の微細輪紋と日齢との関係を調べた。光学顕微鏡で計数された輪紋数は、日齢に対して、礫石では平均21.1、扁平石では平均2.8少なかった。日高系ハタハタでは卵期及び仔魚期の水温が低く、耳石の日間成長量が小さいため、特にふ化輪周辺では輪紋幅が狭く、光学顕微鏡では解像が困難な輪紋が存在するためと考えられた。礫石の輪紋数は、日齢に対する誤差に加えて個体差も大きく、日齢推定誤差が非常に大きくなるため、日齢解析に用いるには実用的ではないと考えられた。扁平石の輪紋数は、日齢にかなり近く、30〜60日齢では日周性が認められたため、少なくとも60日齢程度までの日齢解析に用いることができると考えられた。
索引語日齢;日高系ハタハタ;日齢解析;扁平石;輪紋数;関係;礫石;光学顕微鏡;用いて礫石;仔魚期
引用文献数11
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat