クローンヒラメの特性評価(2)

クローンヒラメの特性評価(2)

レコードナンバー791507論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009275NACSIS書誌IDAN10008130
論文副題性分化と形態形成のクローン間比較
著者名齊藤 節雄
森 立成
書誌名北海道立水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experimental Station
別誌名Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experiment Station
Sci. Rep. Hokkaido Fish. Exp. Stn.
北水試験報
発行元北海道立水産試験場
巻号,ページ76号, p.39-44(2009-10)ISSN09146830
外部リンク
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録クローンヒラメの特性を評価するため、ホモ型クローン6系統(71、72、75、77、82、83)及び通常発生魚を用いて性分化と形態形成に着目した飼育試験を行ったところ、クローン系統間で明確な違いが認められた。仔稚魚期を同一条件で飼育し、雌の比率、有眼側の白化、無眼側の黒化、体型、脊椎骨について調べた。雌の比率では82系統が88.5%と最も高く、83系統は27.1%で、対照区の45.5%よりも低い値であった。82系統は白化率、黒化率ともに極めて低かった。他の系統では、白化率は対照区よりも明らかに低かったが、逆に黒化率は有意に高い値であった。体高/体長の比率及び脊椎骨癒合の度合いに関して、83系統が他の系統と比較して有意に値が高く、短躯体型となっていた。
索引語比率;値;クローンヒラメ;形態形成;雌;白化率;用いて性分化;違い;眼側;特性評価
引用文献数18
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat