北海道噴火湾および日高海域から標識放流したマツカワの放流域における再捕年齢と全長について

北海道噴火湾および日高海域から標識放流したマツカワの放流域における再捕年齢と全長について

レコードナンバー791522論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009275NACSIS書誌IDAN10008130
著者名吉田 秀嗣
高谷 義幸
松田 泰平
書誌名北海道立水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experimental Station
別誌名Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experiment Station
Sci. Rep. Hokkaido Fish. Exp. Stn.
北水試験報
発行元北海道立水産試験場
巻号,ページ77号, p.89-91(2010-03)ISSN09146830
全文表示PDFファイル (177KB) 
抄録マツカワの0歳人工種苗にスパゲティ型標識を装着して、噴火湾および日高海域から放流した。解析は再捕報告を基に、放流種苗が放流した市町と同じ市町沖で再捕された場合を放流域での再捕とし、再捕年齢および全長100mmごとに再捕尾数を集計して行った。放流種苗が放流域で再捕された割合は、加齢とともに低下し、また、その割合は全長が大きくなるほど低下していた。これらのことから、放流種苗は成長とともに放流域から移動・分散していくことが示唆された。
索引語再捕;再捕年齢;放流域;放流種苗;全長;北海道噴火湾;標識放流したマツカワ;日高海域;割合;低下
引用文献数3
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat