英虞湾のアマモ場およびヒトエグサ養殖が湾内の環境に与える影響

英虞湾のアマモ場およびヒトエグサ養殖が湾内の環境に与える影響

レコードナンバー791538論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035924NACSIS書誌IDAA12374455
著者名土橋 靖史
奥村 宏征
国分 秀樹
森田 晃央
書誌名三重県水産研究所研究報告 = Bulletin of Mie Prefecture Fisheries Research Institute
別誌名三重県水産研究所研究報告
三重水研報
発行元三重県水産研究所
巻号,ページ17号, p.33-44(2009-10)ISSN18838812
外部リンク
全文表示PDFファイル (804KB) 
抄録英虞湾のアマモ場およびヒトエグサ養殖が湾内の物質循環にどのような影響を与えているかを調査した。英虞湾内のアマモ場面積は171ha、アマモ現存量(乾重量)は161.1t、栄養株で94.2t、生殖株で66.9tであり、炭素量は52.9t、窒素量は1.5tであった。アマモ場の酸素消費速度は10.7〜15.5mmol-O2/m2/hと算出された。アマモ場のDIN溶出速度は-0.46/mmol/m2/dayと算出された。また一年生アマモのうち約68.3t、多年生アマモのうち32.4tが枯死脱落して最大で40日間浮上し、湾内を漂流することが明らかになった。海岸線が複雑に入り組んでいる英虞湾内では浮上草体の大半は湾内の海岸に打ち上げられるか、湾内の海底に沈降していくものと考えられる。ヒトエグサ養殖は、炭素量で49.6〜92.1t、窒素量で2.2〜4.0tが取り上げられており、この値は英虞湾のアマモ現存量と比較して、炭素量では1.0〜1.7倍、窒素量では1.5〜2.7倍となっていることが明らかになった。
索引語湾内;アマモ場;英虞湾;ヒトエグサ養殖;炭素量;窒素量;影響;英虞湾内;アマモ現存量;算出
引用文献数11
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat