焼酎もろみ粕より製造した有機質肥料がオオムギの収量と品質に及ぼす影響

焼酎もろみ粕より製造した有機質肥料がオオムギの収量と品質に及ぼす影響

レコードナンバー791655論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名廣瀬 大介
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ79巻・ 2号, p.130-136(2010-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (637KB) 
抄録焼酎もろみ粕肥料の施用量の違いがオオムギ(ニシノホシ)の収量と品質に及ぼす影響を調査し、焼酎もろみ粕肥料の肥効を明らかにすることを目的に行った。その結果、子実重と整粒重は窒素施用量が慣行区の2倍になるように焼酎もろみ粕肥料を施用した区で慣行区と同等以上の値となった。一方、品質面では、タンパク質含有率は焼酎もろみ粕肥料の施用量の増加に伴って高くなったが、澱粉価は逆に低くなった。これらのことから、化学肥料を施用した場合と同程度の収量をあげるには焼酎もろみ粕肥料は、化学肥料に比べて2倍程度多く施用する必要性が示唆された。一方、品質は焼酎もろみ粕肥料の増量に伴って低下することが示された。
索引語焼酎もろみ粕肥料;品質;収量;施用;オオムギ;影響;施用量;慣行区;化学肥料;違い
引用文献数30
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat