コムギ(Triticum aestivum L.)種子の遭雨による外皮部の様相変化と小麦粉色相への影響

コムギ(Triticum aestivum L.)種子の遭雨による外皮部の様相変化と小麦粉色相への影響

レコードナンバー791656論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名八田 浩一
関 昌子
小田 俊介
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ79巻・ 2号, p.137-141(2010-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (554KB) 
抄録九州地域のコムギ品種について登熟期間中の遭雨が小麦粉色相に及ぼす要因解明を試みた。3回の遭雨によって、種子容積重は1%程度低下し、SKCS種子硬度は7ポイント低下した。さらに電子顕微鏡観察により遭雨小麦粒種皮を観察したところ、遭雨処理したコムギ種子の外皮細胞層間の空隙の増大が観察された。この空隙部分の増加が外皮の脆弱化、ひいては製粉性の低下の要因と考えられた。すなわち、脆弱化した外皮部が製粉時に崩壊するため、製粉効率が低下し、さらに小麦粉に混入することにより、小麦粉の色相が悪化すると推察した。
索引語遭雨;小麦粉色相;観察;Triticum aestivum;様相変化;小麦粉;外皮部;低下;種子;脆弱化
引用文献数15
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat