燃焼法によるコメ中の全窒素測定の試験室間共同試験(3)

燃焼法によるコメ中の全窒素測定の試験室間共同試験(3)

レコードナンバー791707論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005621NACSIS書誌IDAN00117854
著者名堀田 博
書誌名食品総合研究所研究報告 = Report of National Food Research Institute
別誌名Rep. Nat'l Food Res. Inst
食総研報
発行元農林省食品総合研究所
巻号,ページ74号, p.29-36(2010-03)ISSN03019780
外部リンク
全文表示PDFファイル (602KB) 
抄録コメ中の全窒素を測定する燃焼法の妥当性試験を22試験室の参加により行い、ケルダール法についても同じ試料を用い12試験室で技能試験を行った。今回の試験の7試料の燃焼法のHorRat値は0.51~0.70の間であり、満足の行く結果であった。また、RSD Rは1.97~2.81%であり、本測定法がコメ中の全窒素の定量法としてパフォーマンスが高い妥当な分析法であることが示された。また、ケルダール法の技能試験のz-scoreは-0.72~0.95の範囲に収まり約半数が±0.2以下となり、種々の測定条件下での測定値もよく一致することから、ケルダール法が優秀な測定法であること並びにその頑健性(robustness)を示していた。
索引語燃焼法;コメ中;試験;全窒素;ケルダール法;RSDR;全窒素測定;試験室間共同試験;測定;試料
引用文献数32
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat