ウズラのためのコチニール残渣の栄養価

ウズラのためのコチニール残渣の栄養価

レコードナンバー791766論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005654NACSIS書誌IDAN00186755
著者名崔 勇権
佐藤 勝紀
国枝 哲夫
及川 卓郎
市 隆人
書誌名日本家禽学会誌
別誌名Japanese journal of poultry science
Jpn. poult. sci.
家禽会誌
日本家禽会誌
The journal of poultry science
Japanese poultry science
発行元日本万国家禽学会
巻号,ページ47巻・ 1号, p.14-21(2010-04)ISSN00290254
全文表示PDFファイル (573KB) 
抄録本研究は、魚粉の代替として岡山県真庭市にある三栄源エフ・エフ・アイ(株)岡山工場で生産されるコチニール残渣の栄養価について検討した。実験1では、コチニール残渣ならびに魚粉と置換して作成したコチニール残渣配合飼料の栄養成分について測定した。実験2では、コチニール残渣配合飼料を6週齢時のウズラの雌雛に給与し、その後の成長と産卵形質に及ぼす影響について検討した。コチニール残渣の栄養価は粗蛋白質66.4%、粗脂肪10.5%、粗灰分3.9%であった。コチニール残渣の粗蛋白質含量は魚粉よりやや高い値を示した。しかしながら、コチニール残渣では粗灰分含量は非常に少なく、特に、Ca、P、K、Na、Mg含量は顕著に低い値となった。コチニール残渣配合飼料でのCa、P含量は魚粉配合飼料に比較して低い値を示したが、アミノ酸含量は魚粉配合飼料と同等であった。6週から29週齢まで、ウズラを用いての対照飼料(魚粉配合飼料)と魚粉の100%を代替したコチニール残渣配合飼料での飼育試験の結果、コチニール残渣配合飼料では卵重、飼料摂取量および体重は対照飼料に比べて劣った。しかし、魚粉の50%を代替したコチニール残渣配合飼料では対照飼料に比較して、産卵率、卵重(28週齢時は除く)、飼料摂取量、飼料要求率および体重は有意差が認められなかった。以上のことから、ウズラにおいては産卵期間では魚粉の半量をコチニール残渣と代替することができることが明らかになった。
索引語コチニール残渣;魚粉;コチニール残渣配合飼料;ウズラ;栄養価;Ca;値;魚粉配合飼料;対照飼料;検討
引用文献数34
登録日2011年05月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat