水産エコラベル製品に対する消費者の潜在的需要の推定

水産エコラベル製品に対する消費者の潜在的需要の推定

レコードナンバー791810論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名大石 卓史
大南 絢一
田村 典江
八木 信行
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ76巻・ 1号, p.26-33(2010-01)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (566KB) 
抄録本稿では、水産エコラベル製品に対するわが国の消費者の潜在的需要を明らかにする。東京都内ならびに大阪府内の一般住民を対象とした郵送アンケート調査から得られたデータを用いてコンジョイント分析を行ったところ、国内産ラベルや水産エコラベルつきの水産物ほど選択確率が高くなるといった結果が得られた。また、「エコラベル」に対する限界支払意思額は、「国内産」に対する限界支払意思額に次いで高い値を示した。これらの結果から、水産エコラベル製品を支持する消費者がわが国にも一定程度存在することが示唆される。
索引語水産エコラベル製品;消費者;潜在的需要;結果;限界支払意思額;用いてコンジョイント分析;一定;推定;国;エコラベル
引用文献数11
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat