冬季の三陸沖陸棚斜面におけるイシイルカの餌選択性

冬季の三陸沖陸棚斜面におけるイシイルカの餌選択性

レコードナンバー791813論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名岡本 亮介
大泉 宏
内川 和久
伊藤 正木
岩﨑 俊秀
加藤 秀弘
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ76巻・ 1号, p.54-61(2010-01)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (575KB) 
抄録冬季の三陸沖陸棚斜面域におけるイシイルカの胃内容物組成とトロール調査で得られた漁獲物組成の比較を行った。胃内容物分析の結果、餌生物の大半が中層性マイクロネクトンであり、日中にも摂餌を行うことが示唆された。日中の着底トロール調査において、重量組成で優占したタラ科魚類は、イシイルカの胃内容物から出現せず、イシイルカの主要餌生物が日周鉛直移動種のトドハダカやホタルイカであったことから、日中には底層に分布するエネルギー含有量の高いトドハダカやホタルイカを、選択的に摂餌することが示唆された。
索引語イシイルカ;冬季;摂餌;トドハダカ;ホタルイカ;胃内容物分析;餌生物;中層性マイクロネクトン;着底トロール調査;重量組成
引用文献数36
登録日2011年06月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat