二酸化炭素施与が冬期開花のバラの生産性および形質に及ぼす影響

二酸化炭素施与が冬期開花のバラの生産性および形質に及ぼす影響

レコードナンバー791858論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007678NACSIS書誌IDAA11691179
著者名梶原 真二
島地 英夫
石倉 聡
原田 秀人
福島 啓吾
書誌名近畿中国四国農業研究 = Kinki Chugoku Shikoku agricultural research
発行元近畿中国四国農業研究協議会
巻号,ページ16号, p.37-41(2010-03)ISSN13476238
全文表示PDFファイル (1975KB) 
抄録バラの養液栽培において、折り曲げ枝を持つハイラック仕立て法の‘ローテローゼ’へ10月下旬から5月下旬まで、毎日午前7時30分から90分間の加温機の排気ガスに由来する二酸化炭素の施与が切り花の生産性および形質に及ぼす影響について検討した。1.収穫期間中における収穫月別の切り花本数は、収穫開始直後は同程度であったが、収穫開始2か月目以降は二酸化炭素を施与した場合に無施与と比較して大きかった。2.総切り花本数は、二酸化炭素施与により無施与と比較して有意に大きくなった。特に、80cm以上の切り花本数が大きくなった。3.切り花長および切り花重は、二酸化炭素施与により無施与と比較して有意に大きくなり形質が向上した。4.1株当たりの総切り花重量が二酸化炭素施与により大きくなったことから、1株当たりの光合成産物の生成量が増大したと考えられた。5.6か月を超える長期間、連続して二酸化炭素を施与しても切り花の生産性が低下しなかったことから、バラはdown regulationを生じにくいことが示唆された。
索引語施与;バラ;二酸化炭素施与;生産性;二酸化炭素;比較;形質;影響;切り花;切り花本数
引用文献数21
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat