モモ台木用ユスラウメの実用的挿し木増殖技術

モモ台木用ユスラウメの実用的挿し木増殖技術

レコードナンバー791865論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007678NACSIS書誌IDAA11691179
著者名矢野 隆
宮田 信輝
井門 健太
書誌名近畿中国四国農業研究 = Kinki Chugoku Shikoku agricultural research
発行元近畿中国四国農業研究協議会
巻号,ページ16号, p.81-85(2010-03)ISSN13476238
全文表示PDFファイル (356KB) 
抄録モモに親和性の高い優良ユスラウメ台木について苗木生産現場に向けた実用性の高い増殖技術を開発するため、植物成長調節剤を組み合わせた挿し木方法について調査を行った。一般的な発根処理に使われるIBAにCPPUを添加することで挿し穂の生存率が向上し、このことが最終的な発根率の向上につながると考えられた。また、発根率を高めるためには樹皮が完全な緑色を呈し、褐色の部位を含まない挿し穂を用いることが重要であり、IBA500ppm処理の場合、CPPUを1-5ppmで添加すると約80%の発根率が得られた。また、ユスラウメの系統間では発根率に大きな差があり、目的の系統に応じた挿し木処理方法の確立が必要であった。
索引語発根率;CPPU;添加;挿し穂;このこ;モモ台木用ユスラウメ;実用的挿し木増殖技術;向上;ユスラウメ;モモ
引用文献数19
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat