オバルブミン感作したBALB/cマウスに対するγ-アミノ酪酸(GABA)の血清IgEレベル抑制作用

オバルブミン感作したBALB/cマウスに対するγ-アミノ酪酸(GABA)の血清IgEレベル抑制作用

レコードナンバー791878論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名堀 あゆみ
原 崇
佐藤 可奈
城 斗志夫
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ62巻・ 2号, p.117-123(2010-03)ISSN03858634
外部リンク
全文表示PDFファイル (430KB) 
抄録γ-アミノ酪酸(GABA)は、食品に含まれる機能性成分として注目されている。本研究では、オバルブミン(OVA)感作したBALB/cマウスに対するGABAの免疫制御活性について調べ、経口投与による血清IgEレベルの抑制作用について検討した。in vitro培養試験において、GABAはマウス脾細胞のインターフェロン-γ(IFN-γ)の産生を促進すると同時にインターロイキン-4(IL-4)の産生を抑制した。GABAを経口投与した結果、OVA感作BALB/cマウスにおける総IgE及びOVA特異的IgEの血清レベルが有意に低下した。さらに、ex vivo培養試験において、GABAを経口投与したマウスの脾細胞ではOVA誘導性のIFN-γ産生促進とIL-4産生抑制が認められた。GABAは、Th1の誘導を介してIL-4産生を始めとしたTh2応答を抑制し、IgE産生を抑制する可能性がある。以上の結果から、GABAはIgEが関与するアレルギー疾患の予防に有用であることが示唆される。
索引語GABA;cマウス;産生;抑制;アミノ酪酸;結果;オバルブミン;in vitro培養試験;マウス脾細胞;OVA特異的IgE
引用文献数19
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat