長日処理がラナンキュラスの開花に及ぼす影響

長日処理がラナンキュラスの開花に及ぼす影響

レコードナンバー791896論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017190NACSIS書誌IDAN00294000
著者名牛田 均
竹内 小百合
書誌名香川県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Kagawa Prefecture Agricultural Experiment Station
発行元香川県農業試験場
巻号,ページ61号, p.29-34(2010-03)ISSN03748804
全文表示PDFファイル (315KB) 
抄録香川県内で普及している品種を供試して、長日処理による開花促進効果や切花の収量性の違いを調査するとともに、開花促進技術の可能性について検討した。1.長日処理は出葉を早くするために、出蕾・開花を早めるが、その程度は品種によって異なった。2.出蕾始めの葉位は品種で異なり、長日処理の影響を受けなかった。3.長日処理で「桜てまり」の腋芽数は減少したが、「月てまり」と「紅てまり」の腋芽数は、長日処理の影響が小さかった。4.「月てまり」は茎頂培養後の年数で到花日数が異なり、2年目の方が短かくなった。5.以上から、品種によってまだ解決すべき課題が残っているが、長日処理は促成栽培技術につながる手法であると思われた。
索引語長日処理;品種;影響;開花;ラナンキュラス;腋芽数;月てまり;違い;出蕾;程度
引用文献数8
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat