長鎖疎水基と陰イオン交換基を併せ持つ多官能型固相抽出剤の開発と野菜中のアセフェート簡易迅速分析への適用

長鎖疎水基と陰イオン交換基を併せ持つ多官能型固相抽出剤の開発と野菜中のアセフェート簡易迅速分析への適用

レコードナンバー791972論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名塚本 友康
清水 愛
山本 敦
小玉 修嗣
上茶谷 若
井上 嘉則
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ51巻・ 2号, p.58-64(2010-04)ISSN00156426
外部リンク
全文表示PDFファイル (650KB) 
抄録夾雑成分の多い試料から親水性農薬を簡便かつ迅速に測定するために、陰イオン交換基と長鎖疎水基を併せ持つ新規逆相陰イオン交換型(RP-SAX)固相抽出剤を合成した。RP-SAX固相抽出剤は、グリシジルメタクリレート、グリセリンジメタクリレート、ステアリルメタクリレートを懸濁重合によって合成し、陰イオン交換基としてジメチルエチルアミンを導入した。合成したRP-SAXをシリンジ型カートリッジに充填し、野菜抽出液中からのアセフェートの固相抽出により、その機能を評価した。野菜抽出液中のアセフェートは定量的にRP-SAXに吸着し、50%(v/v)メタノールで調製した30mmol/Lリン酸三ナトリウム溶液3mLで溶出された。その溶出液をHPLC分析した。アセフェートの検出は紫外可視光検出器で行った。アセフェートは5mg/Lとなるように野菜抽出液に添加した。測定の結果、野菜抽出液中からのアセフェート回収率は77〜100%であった。
索引語アセフェート;陰イオン交換基;野菜抽出液中;長鎖疎水基;多官能型固相抽出剤;野菜中;アセフェート簡易迅速分析;合成;夾雑成分;親水性
引用文献数19
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat