励起蛍光マトリクスによるそば粉と小麦粉の混合割合の推定

励起蛍光マトリクスによるそば粉と小麦粉の混合割合の推定

レコードナンバー791982論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名杉山 武裕
藤田 かおり
蔦 瑞樹
杉山 純一
柴田 真理朗
粉川 美踏
荒木 徹也
鍋谷 浩志
相良 泰行
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ57巻・ 6号, p.238-242(2010-06)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (400KB) 
抄録励起蛍光マトリクス(EEM)計測による、そば粉と小麦粉の混合割合推定の可能性を確認した。試料として、市販のそば粉と小麦粉を11種類の混合比で混ぜた混合粉試料を、励起波長200-900nm、蛍光波長200-900nmの範囲で測定した。計測で得られたEEMデータに対してPLS回帰分析を適用し、潜在ベクトル数=7で推定式を計算した。推定式の係数から、励起波長340-555nm、蛍光波長500-755nmの範囲に重要なEEMデータが含まれていることが分かった。この波長範囲に限定したEEMデータに対して再度PLS回帰分析を適用したところ、検量線の精度は波長範囲を限定していない場合とほぼ同等であった。さらに、計測時間を1試料あたり515秒から105秒に短縮できた。本研究によって、そば粉・小麦粉の簡易・迅速な混合割合の推定法としてEEM計測を適用できる可能性が存在することが示された。
索引語そば粉;小麦粉;EEMデータ;混合割合;励起蛍光マトリクス;計測;範囲;適用;可能性;波長範囲
引用文献数14
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat