乳児用成型ミルクのESRによる分析

乳児用成型ミルクのESRによる分析

レコードナンバー791985論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名鵜飼 光子
亀谷 宏美
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ57巻・ 6号, p.257-262(2010-06)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (313KB) 
抄録乳児用成型ミルクを成分組成の異なるタンパク質性粉末食品数種と比較してESR測定を行った。乳児用ミルクは脱脂粉乳、コーヒー用粉末ミルク、乾燥全卵より強いESR信号強度を観測した。乳児用ミルクの緩和挙動から種類の異なるラジカル種の寄与が示唆された。構成成分の違いから考察すると、強い有機ラジカル種である、アスコルビン酸の含有量が乳児用ミルクにおいて突出しており、その寄与が推察された。乳児用ミルクでは成型でも粉末でも緩和挙動や緩和時間に差異は見られなかったので、成型処理により誘導されるラジカル種は粉末のものと同じであると考えた。すなわち、乳児用ミルクは、製法の違いによる新たなラジカル生成はないと考えた。
索引語乳児用ミルク;ラジカル種;乳児用成型ミルク;ESR;粉末;緩和挙動;寄与;違い;有機ラジカル種;緩和時間
引用文献数23
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat