土中への水の浸潤(2)

土中への水の浸潤(2)

レコードナンバー792011論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
論文副題初期水分量の及ぼす影響
著者名取出 伸夫
渡辺 晋生
森﨑 大樹
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ114号, p.71-79(2010-03)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (555KB) 
抄録砂質ロームとシルトを対象に、一定負圧条件の浸潤に対する初期水分量の影響を解説した。初期水分量が小さいほど浸潤初期の地表面フラックスは大きいが、多くの水分量が土に貯留されるため、浸潤前線の進行速度は遅い。初期水分量が大きいほど浸潤水分フラックスにおける重力成分の役割が大きく、この傾向は、シルトに比べて砂質ロームの方が強い。また、Philipの浸潤前線の移動速度式を用いて、異なる地表面境界圧力h0に対する浸潤前線の移動速度と初期水分量の関係を示した。さらに、浸潤モデルの吸水度Sと定数Aを、地表面フラックスの変化に基づき決定し、異なる地表面境界圧力h0に対するSとAを初期水分量の関数として示した。そして、S/Aの値に基づき、砂質ロームの多くの条件の浸潤では重力成分が卓越し、シルトでは圧力勾配成分が卓越することを示した。
索引語初期水分量;浸潤;地表面フラックス;砂質ローム;シルト;浸潤前線;土中;影響;重力成分;卓越
引用文献数18
登録日2011年06月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat