わが国の農業経済学分野における多属性型表明選好法とコンジョイント分析の応用

わが国の農業経済学分野における多属性型表明選好法とコンジョイント分析の応用

レコードナンバー792055論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032432NACSIS書誌IDAA12221239
論文副題1990年代後半から2005年まで
著者名合崎 英男
書誌名農村工学研究所技報
別誌名Technical report of the National Institute for Rural Engineering
農工研技報
Tech. Rep. Natl. Inst. Rural. Eng. Japan
発行元農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所
巻号,ページ210号, p.265-284(2010-03)ISSN18823289
外部リンク
全文表示PDFファイル (1518KB) 
抄録本資料では,わが国の農業経済学分野において,多属性型表明選好法とコンジョイント分析を利用して取り組まれてきた研究テーマを整理し,その特徴と今後の課題を明らかにした。本資料における多属性型表明選好法は,確率効用理論をベースとした離散選択モデルにより回答結果を分析するものであり,回答形式が選択実験,仮想順位付,仮想評定,および一対比較であるものを含む。コンジョイント分析とは,いわゆる伝統的コンジョイント分析に該当する。取り上げている研究領域は,消費者研究(農畜産物の特徴の消費者評価,食品安全性の消費者評価),農業経営研究(農業者による新技術,生産要素,および農家支援サービスの評価,農地利用に関する意思決定分析),および農村計画研究(農業・農村の多面的機能の経済評価,施設整備計画の住民・利用者評価)である。各研究領域には固有の特徴や課題が見られる一方,顕示選好データと表明選好データの統合による分析精度の向上などの共通する課題も見られた。共通する課題については,各研究領域での成果を相互に参照することで,効率的に対応することが可能となろう。
索引語課題;コンジョイント分析;多属性型表明選好法;特徴;農業経済学分野;本資料;消費者評価;各研究領域;共通;分析
引用文献数103
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat