犬緑内障症例における動物診療施設への来院までの日数と視覚維持の検討

犬緑内障症例における動物診療施設への来院までの日数と視覚維持の検討

レコードナンバー792108論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名伊藤 良樹
梅田 裕祥
若生 晋輔
齋藤 陽彦
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ63巻・ 4号, p.281-285(2010-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (327KB) 
抄録飼い主が緑内障による異常を認識してから動物診療施設に来院するまでの日数と来院時の視覚の維持について検討した。2006年1月1日から2007年12月31日までに当トライアングル動物眼科診療室(当院)に紹介、または直接来院し、緑内障と診断された犬症例158頭194眼を対象として、動物診療施設来院までの日数(診療施設来院日数)と当院来院までの日数(TAEC来院日数)、および当院来院時の視覚維持率を算出した。症例の73.3%で診療施設来院日数が3日以内であった。また、TAEC来院日数が3日以内の症例の視覚維持率は54.5%、4日以上の症例では8.9%であった。今回の調査より、犬緑内障症例の多くが、発症後早期の視覚を保持した状態で動物診療施設に来院している可能性が示された。
索引語日数;来院;動物診療施設;犬緑内障症例;検討;視覚;緑内障;診療施設来院日数;TAEC来院日数;視覚維持率
引用文献数20
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat