笑気-酸素-セボフルランで全身麻酔した犬における術中リドカイン静脈内持続投与によるセボフルラン要求量の減少効果

笑気-酸素-セボフルランで全身麻酔した犬における術中リドカイン静脈内持続投与によるセボフルラン要求量の減少効果

レコードナンバー792109論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名伊丹 貴晴
山下 和人
福井 翔
前原 誠也
都築 圭子
廉澤 剛
泉澤 康晴
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ63巻・ 4号, p.286-291(2010-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (445KB) 
抄録犬臨床例52頭の全身麻酔にリドカイン持続静脈内投与(CRI)を応用し、その麻酔要求量減少効果を検討した。麻酔前投薬としてプロピオニールプロマジン0.05mg/kgを静脈内投与(IV)し、カルプロフェン4mg/kgを皮下投与した。プロポフォール6mg/kg IVで麻酔導入し、気管挿管後、50%笑気-50%酸素-セボフルラン吸入麻酔で麻酔維持した。供試犬26頭にリドカイン3mg/kg/時間CRIを投与し(LID-CRI群)、残りの26頭には投与しなかった(対照群)。外科麻酔の維持に要した終末呼気セボフルラン濃度は、LID-CRI群1.6%前後および対照群2.1%前後で推移し、LID-CRI群において有意に低かった(P<0.001)。麻酔中の呼吸循環系モニタリング項目の変化には、群間に有意な差は認められなかった。以上のことから、術中リドカインCRIによって顕著な呼吸循環抑制を生じることなく、セボフルラン要求量を減少できると結論された。
索引語投与;LID;笑気;酸素;全身麻酔;セボフルラン要求量;セボフルラン;麻酔;静脈内投与;IV
引用文献数24
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat