コナラとミズナラの堅果に対するCiboria batschianaの病原性

コナラとミズナラの堅果に対するCiboria batschianaの病原性

レコードナンバー792157論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名市原 優
升屋 勇人
窪野 高徳
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ92巻・ 2号, p.100-105(2010-04)ISSN13498509
外部リンク
全文表示PDFファイル (754KB) 
抄録日本の冷温帯の代表種であるコナラとミズナラの堅果壊死の病原菌を明らかにするために、コナラとミズナラの壊死堅果に偽菌核を形成して発生するCiboria batschianaの病原性と発生生態を調査した。C. batschianaの菌叢をコナラとミズナラの堅果に接種した結果、両種ともに堅果は壊死し偽菌核を形成し、接種菌が再分離されたことから、C. batschianaにはコナラとミズナラの堅果を壊死させる病原性があることが確認された。岩手県のコナラ林では、子嚢盤が発生した9月下旬に堅果が落下し、10月には楕円形の一部壊死が認められ、融雪後の4月には感染堅果のほとんどが偽菌核を形成していた。本菌は秋季にコナラ堅果に感染して病斑を形成し、その後融雪時期までに堅果全体を壊死させ偽菌核を形成すると考えられた。
索引語コナラ;ミズナラ;堅果;batschiana;Ciboria;形成;病原性;偽菌核;壊死;発生
引用文献数19
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat