ナラ枯れは江戸時代にも発生していた

ナラ枯れは江戸時代にも発生していた

レコードナンバー792160論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名井田 秀行
髙橋 勸
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ92巻・ 2号, p.115-119(2010-04)ISSN13498509
外部リンク
全文表示PDFファイル (583KB) 
抄録2004年よりブナ科樹木萎凋病によるナラ枯れが顕在化している長野県飯山市では、1750年にも同様の被害が発生していた。当時の様子は古文書に、「神社の社叢において、多数のナラ樹の葉が夏頃から変色し始め、秋にほとんどが萎凋枯死した。虫は樹幹に加害しており駆除の手段がない」と記されていた。また、対処法として、被害発生の翌年、直径19〜35cm程度のナラ樹35本が売却され、売上金が社殿の修復料に充てられたことや、他の枯死木から約500俵(約9.4t)の木炭が作られたことが記されていた。これらの状況から、当時の被害はカシノナガキクイムシが病原菌Raffaelea quercivoraを伝播して発生するブナ科樹木萎凋病による被害であると考えられる。すなわち、カシノナガキクイムシは江戸時代以前から我が国に生息しており、ブナ科樹木萎凋病は社叢のような大径木が多い立地で発生を繰り返していた可能性が高い。
索引語ブナ科樹木萎凋病;江戸時代;発生;カシノナガキクイムシ;被害;社叢;ナラ;顕在化;長野県飯山市;秋
引用文献数30
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat