底泥の粒度がアカアマダイ人工種苗の巣穴形成に及ぼす影響

底泥の粒度がアカアマダイ人工種苗の巣穴形成に及ぼす影響

レコードナンバー792165論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014633NACSIS書誌IDAA11255177
著者名井上 晃宏
書誌名石川県水産総合センター研究報告 = Bulletin of Ishikawa Prefecture Fisheries Research Center
発行元石川県水産総合センター
巻号,ページ5号, p.22-26(2010-03)ISSN13453726
外部リンク
全文表示PDFファイル (355KB) 
抄録近年、アカアマダイは、人工種苗による放流が行われるようになった。放流に際しては、巣穴を形成しやすい海域を選定することが重要と考えられる。そこで、水槽実験により、巣穴を形成しやすい底泥の条件を検討した。その結果、種苗サイズでは、シルトクレイ分が多いほど巣穴形成に成功する確率は高かった。本種の種苗放流の適地を選定する際には、シルトクレイ分を一つの指標として用いることが重要と考えられた。
索引語底泥;巣穴形成;放流;巣穴;形成;選定;アカアマダイ;粒度;アカアマダイ人工種苗;影響
引用文献数23
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat