ハウスワサビの夏播き作型の開発

ハウスワサビの夏播き作型の開発

レコードナンバー792297論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038346NACSIS書誌IDAA12476648
著者名廣林 祐一
古江 寿和
杉山 久枝
日高 輝雄
書誌名山口県農林総合技術センター研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi Tec Cent Agri Fore
山口農技セ研報
Bulletin of the Yamaguchi Agricultural and Forestry General Technology Center Experiment Station
発行元山口県農林総合技術センター
巻号,ページ1号, p.31-36(2010-03)ISSN21850437
全文表示PDFファイル (453KB) 
抄録夏越しを必要としない、播種から1年以内に収穫するハウスワサビの夏播き作型の開発に取り組んだ。夏期の自然条件下では高温のため、育苗は困難であった。播種から子葉展開まで人工気象室、その後自然条件下で育苗した場合、播種から約90日後の11月中旬に定植可能な苗が育成できた。全期間人工気象室で育苗した場合、約60日で定植可能な苗が育成できた。この方法では苗の周年生産が可能である。人工気象室で育成した苗を用い、標高の異なる圃場(400m、100m)でワサビの栽培試験を実施した。低標高(100m)の地域において、播種から1年以内に加工用原料としてワサビを収穫することができた。中標高(400m)の地域では、冬期の低温により生育の停滞がみられ、十分な収量を得ることができなかった。標高の高い地域では、ビニル二重被覆で保温を行うことにより、冬期における生育の停滞を避けることができ、播種から1年以内に加工用原料としてワサビが収穫できた。
索引語ワサビ;播種;夏播き作型;苗;冬期;地域;ハウスワサビ;開発;標高;収穫
引用文献数5
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat