マルチプレックスPCR法による遺伝子組換えトウモロコシDAS-59122-7,MIR604,MON863,MON88017系統の一斉定性分析法の開発

マルチプレックスPCR法による遺伝子組換えトウモロコシDAS-59122-7,MIR604,MON863,MON88017系統の一斉定性分析法の開発

レコードナンバー792324論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名小口 太一
大西 真理
真野 潤一
穐山 浩
手島 玲子
布藤 聡
古井 聡
橘田 和美
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ51巻・ 3号, p.92-100(2010-06)ISSN00156426
外部リンク
全文表示PDFファイル (843KB) 
抄録食品衛生法に基づく厚生労働省による安全性審査において、食品としての利用が承認されている遺伝子組換え(GM)トウモロコシ4系統(DAS-59122-7、MIR604、MON88017およびMON863系統)を分析対象とした新規定性マルチプレックスPCR法を開発した。室内試験による本分析法の検出限界を非組換えトウモロコシ由来DNA及びGMトウモロコシ由来DNAを混合した試料を用いて評価したところ、MON863、MIR604、MON88017の3系統に関しては0.16%、DAS-59122-7系統に関しては0.078%であった。我々は既にGMトウモロコシ8系統(Bt11、Event176、GA21、MON810、MON863、NK603、T25、TC1507)を分析対象とする定性マルチプレックスPCR分析法を開発しており、今回開発した方法と組み合わせることで、現在、商業利用が予想されるGMトウモロコシの主要11系統すべてを対象とした定性検知をすることが可能となる。また、今後流通量の増加が予想されるスタック品種に対する検査法としての利用も期待される。
索引語開発;利用;分析対象;予想;用いて評価;マルチプレックスPCR法;一斉定性分析法;GM;GMトウモロコシ;食品
引用文献数17
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat