宮崎県の採卵鶏農場で発生した伝染性喉頭気管炎

宮崎県の採卵鶏農場で発生した伝染性喉頭気管炎

レコードナンバー792382論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名齊藤 幸恵
片山 貴志
稲井 耕次
鎌田 博志
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ46巻・ 1号, p.18-24(2010-05)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (561KB) 
抄録2008年2月に宮崎県では24年ぶりとなる伝染性喉頭気管炎(ILT)が発生した。今回発生した採卵鶏農場では、322日齢の群に死亡羽数の増加と軽度の呼吸器症状が認められ、病理解剖では、少数の鶏において気管に充血や白色壊死巣などの病変が認められた。気管乳剤の接種により発育鶏卵の漿尿膜上にポックの形成を確認した。病理組織学的検査では、気管、喉頭、肺の粘膜上皮に核内封入体および合胞体が認められ、分離ウイルスに対する家兎免疫血清を用いた免疫組織化学的染色では、これらが陽性に反応した。この鶏群は、大雛期にILTワクチンを接種していたが、発生時には抗体をほとんど保有していなかった。発生直後、周囲鶏群に緊急ワクチンが接種され、死亡羽数の増加は10日ほどで減少し、発生鶏舎内での死亡率は約1.2%となった。
索引語発生;宮崎県;採卵鶏農場;伝染性喉頭気管炎;気管;増加;ILT;ポック;病理組織学的検査;粘膜上皮
引用文献数6
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat