青森県の同一地域内で2頭の子馬に連続発生したティザー病

青森県の同一地域内で2頭の子馬に連続発生したティザー病

レコードナンバー792404論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名赤沼 保
渡邉 弘恭
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ63巻・ 6号, p.439-441(2010-06)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (787KB) 
抄録平成20年の4月と5月、青森県の同一地域内で25日齢のサラブレッド種の子馬2頭が急死した。両子馬ともに肝臓に病変が認められ、病理組織学的に多発性巣状壊死が特徴的であった。ワーチンスターリー染色で壊死巣周辺の肝細胞内に長桿菌が確認された。抗Clostridium piliformeポリクローナル抗体を用いた免疫染色では長桿菌に一致して陽性抗原が検出された。透過型電子顕微鏡検査で肝細胞内の稈菌体に周毛性鞭毛の密生が観察された。C. piliforme特異プライマーを用いたリアルタイムPCR検査では肝臓で陽性反応が認められた。以上の所見からティザー病と診断された。繁殖牝馬を対象に間接蛍光抗体法による抗体検査を実施した結果、大部分の個体が抗体を保有していることが判明し、本菌が広く浸潤している可能性が示唆された。
索引語青森県;同一地域内;ティザー病;肝臓;肝細胞内;長桿菌;抗Clostridium;透過型電子顕微鏡検査;稈菌体;周毛性鞭毛
引用文献数7
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat