瀬戸内海東部海域におけるマアナゴ稚魚の生息域と食性

瀬戸内海東部海域におけるマアナゴ稚魚の生息域と食性

レコードナンバー792526論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名五利江 重昭
長澤 和也
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ58巻・ 2号, p.167-179(2010-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (653KB) 
抄録マアナゴ稚魚が生息する海域の底質・餌料環境を明らかにするため、2003-2008年に瀬戸内海の播磨灘北東部海域において、稚魚の出現状況と底質の粒度組成、ベントスと胃内容物との関連を調べた。稚魚が採集された海域は、砂泥底と砂礫底であった。主な胃内容物は甲殻類、多毛類、魚類であり、甲殻類は個体数からみた重要餌生物、多毛類と魚類は湿重量からみた重要餌生物であった。マアナゴは甲殻類に対する強い嗜好性を持っているが、着底後まずヨコエビ類を捕食し、成長とともにエビ・カニ類や多毛類、魚類へと移行していった。稚魚の生息域には、これらの他にさまざまな動物群が生息しているが、胃内容物には一貫して甲殻類、多毛類、魚類が出現するため、これらを選択的に、またこれらのうち生息域に多数出現する動物群を日和見的に摂餌していると思われた。またマアナゴはその生息域を、餌料環境よりもむしろ底質環境で選択していると考えられた。
索引語胃内容物;甲殻類;多毛類;魚類;底質;重要餌生物;マアナゴ;稚魚;生息域;マアナゴ稚魚
引用文献数19
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat