紅藻スサビノリの光合成色素と葉緑体微細構造における栄養欠乏応答

紅藻スサビノリの光合成色素と葉緑体微細構造における栄養欠乏応答

レコードナンバー792550論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名植木 知佳
村上 明男
加藤 敏朗
嵯峨 直恆
本村 泰三
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ76巻・ 3号, p.375-382(2010-05)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1254KB) 
抄録スサビノリの「色落ち」の実態を解明するため、顕微分光分析と電子顕微鏡観察を行った。窒素、リン、鉄を除いた培地で色落ちさせた藻体について光合成色素量と葉緑体微細構造の変化を解析した。光合成色素(クロロフィルとフィコビリン)の減少は、欠乏させた栄養素ごとに異なるパターンを示した。色素含量の低下に伴い、葉緑体の縮小と液胞の膨潤が確認された。チラコイド膜やフィコビリソームなどの葉緑体微細構造の変化も見出された。これらの知見に基づき、栄養飢餓がスサビノリの細胞構造と光合成系に与える影響について考察する。
索引語葉緑体微細構造;光合成色素;紅藻スサビノリ;スサビノリ;色落ち;変化;フィコビリン;栄養欠乏応答;葉緑体;リン
引用文献数43
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat