マレーシアの稲作農村における所得格差

マレーシアの稲作農村における所得格差

レコードナンバー792604論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名寺野 梨香
藤本 彰三
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ55巻・ 1号, p.1-9(2010-06)ISSN03759202
外部リンク
全文表示PDFファイル (593KB) 
抄録1980年代後半、マレーシア経済は急激な発展を遂げた。諸外国が直接投資を行うことにより西海岸の工業団地に多国籍企業が進出したためである。製造業部門のGDPシェアは1980年の6.8%から増加し2005年には31.4%に達した。工業地帯は西海岸に集中しているため、現在、東海岸と西海岸には深刻な経済格差が存在している。本研究では州レベルで議論されてきた経済格差を世帯レベルで解明し、東西両海岸に位置している稲作農村の現状および経済格差を把握するための分析を行った。本研究の主な成果は3点挙げられる。(1)世帯レベルでの所得分布を検討した結果、西海岸のPTBB村の世帯所得は相対的に高く分布しており、東海岸に位置するHC村の農家は低所得層に分布していることが明らかになった。農業所得の貢献は限られており、農外所得が大きく貢献していることが明らかになった。(2)ジニ係数や対数標準偏差を用いて両村の所得格差について検討した結果、HC村内では個々の就業者所得および農家所得において大きな格差があることが分かった。(3)世帯所得の決定には、世帯内の就業者数、世帯主の年齢・性別・職業、および居住地が大きく影響することを明らかにした。
索引語西海岸;分布;経済格差;稲作農村;所得格差;東海岸;世帯レベル;位置;検討;結果
引用文献数27
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat