水稲酒造用新品種‘しずく媛’の育成

水稲酒造用新品種‘しずく媛’の育成

レコードナンバー792652論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036495NACSIS書誌IDAA12400453
著者名兼頭 明宏
鳥生 誠二
秋山 勉
三好 大介
淺海 英記
書誌名愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部研究報告
別誌名愛媛県農林水産研究所研究報告(企画環境部・農業研究部)
Bulletin of the Ehime Research Insutitute of Agriculture, Forestry and Fisheries(Department of Planning and Environmet, Department of Agricultural Research)
愛媛農林水研研報
Bull. Ehime Res. Inst. Agric. Forest. Fish.
愛媛県農林水産研究所研究報告. 企画環境部・農業研究部)
発行元愛媛県農林水産研究所
巻号,ページ2号, p.1-6(2010-03)ISSN18837395
全文表示PDFファイル (613KB) 
抄録1999年に愛媛県農林水産研究所において、‘松山三井’よりカルス培養を利用して再分化個体を作出し、その後代より‘しずく媛’を育成した。本品種は、愛媛県では晩生の酒米品種である。稈長はやや長で、草型は中間型である。葉いもちにはやや弱、穂発芽性は難である。‘松山三井’に比べて、収量性はやや劣るが、千粒重が重く、心白の発現率が高く、酒造適性に優れる。
索引語しずく媛;育成;水稲酒造用新品種;松山三井;愛媛県農林水産研究所;カルス培養;再分化個体;代;晩生;長
引用文献数5
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat