部分不活化花粉による二倍性種なしスイカ生産のための蕾受粉

部分不活化花粉による二倍性種なしスイカ生産のための蕾受粉

レコードナンバー792668論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名杉山 慶太
阿久津 雅子
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ9巻・ 3号, p.319-324(2010-07)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (365KB) 
抄録スイカの部分不活化花粉を用いた開花前日の午前中の受粉においては結実率が低かったが、午後からの結実率は急激に上昇し、開花当日の受粉と同程度となった。開花前日の午後に部分不活化花粉を受粉して作出した種なし果実は、いずれの受粉時刻でも開花当日に受粉した種なし果実と同程度の果重であり、果形、果皮の厚さ、果肉色、Brix、果肉硬度およびしいなの程度とも対照区とほぼ同程度の品質の種なしの果実が得られた。これらの結果は、約1年間保存した部分不活化花粉を用いた場合も同じあった。現行の種なしスイカの生産方式(部分不活化花粉の作出、開花前日の袋掛け、開花当日の受粉、受粉後の袋掛け)における開花前日の袋掛け作業は、開花前日の蕾受粉によって不要となった。また、保存した部分不活化花粉を専門業者などから入手して開花前日の受粉を行う新たな生産方式は、現行の種なしスイカの生産方式と比較して作業時間が約63.5%削減されることが示された。
索引語部分不活化花粉;受粉;生産方式;蕾受粉;袋掛け;結実率;作出;種なし果実;現行;種なしスイカ
引用文献数14
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat