サツマイモ塊根における蒸した後の肉質に関わる組織・細胞の形態,水分およびデンプンの特性

サツマイモ塊根における蒸した後の肉質に関わる組織・細胞の形態,水分およびデンプンの特性

レコードナンバー792689論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名中村 善行
藏之内 利和
高田 明子
石田 信昭
鴻田 一絵
岩澤 紀生
松田 智明
熊谷 亨
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ79巻・ 3号, p.284-295(2010-07)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (1242KB) 
抄録サツマイモ塊根における蒸した後の肉質の違いに関わる要因の解明を目的として、肉質の異なる品種における塊根の組織・細胞形態ならびに水分およびデンプンの含有率や存在状態の違いを調べた。肉質が粉質な品種の生塊根では、デンプン含有率が高く、水分が少ない傾向が見られ、デンプンが完全に糊化した蒸しあがった塊根組織においても個々の細胞の形状は保持されていた。一方、粘質な肉質となる品種の生塊根は粉質な品種と比べてデンプン含有率が低く、水分が多い傾向が認められ、蒸した後の塊根組織では、隣接する細胞同士が融合し、それらと糊化デンプンゲルとが一体化した構造が観察された。また、粘質な肉質を呈する品種では多量の水分が組織に一様に分布しているが、粉質な品種では水分が少なく、分布も不均一なことが蒸した塊根のMR画像から示唆された。このように塊根におけるデンプンおよび水分の含有率と蒸した後の肉質との間には関連があり、蒸した塊根の組織・細胞形態にも肉質の違いに応じた相違が認められたが、細胞から単離したデンプンのアミロース含有率、糊化特性、ゲルの保水性には肉質との間に一定の関係が見られなかった。以上の結果から、蒸したサツマイモ塊根の肉質の違いには塊根におけるデンプンと水分の含有率が深く関わっているものの、これに加えて細胞壁の物理的および化学的性質などを介した細胞内におけるデンプン糊化特性や水分子の運動性なども関与していると考えられた。
索引語デンプン;肉質;塊根;水分;品種;組織;細胞;違い;サツマイモ塊根;デンプン含有率
引用文献数35
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat