原料大麦の麦茶適性の簡易識別法の検討

原料大麦の麦茶適性の簡易識別法の検討

レコードナンバー792698論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名松岡 翼
鮎澤 信昌
小林 敏樹
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ79巻・ 3号, p.357-362(2010-07)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (426KB) 
抄録麦茶加工適性の高い大麦品種の識別を目的に、原料大麦の簡易分析と焙煎後の粉砕L値が30となるように同一条件で焙煎試験を行い、得られた熔煎大麦と原料大麦の分析値の相関を調査した。その結果、千粒重と麦茶抽出液の吸光度に高い負の相関が認められた。また、麦茶抽出液の官能評価を行った結果、タンパク質含量が高いほど、風味及び香りが強いという傾向が認められた。これらの結果から、風味や香りに大きな影響を与える成分と麦茶の色に大きな影響を与える成分が異なると考えた。すなわち、風味や香りにはタンパク質が焙煎により褐色反応を起こすメイラード反応の影響が強く、麦茶抽出液の吸光度には糖質の褐色反応であるカラメル反応が大きく起因していると推測した。
索引語大麦;焙煎;麦茶抽出液;風味;香り;影響;麦茶;原料;吸光度;結果
引用文献数13
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat