尿中代謝物の生物学的モニタリングによるピレスロイド系殺虫剤のヒト集団曝露量分析と評価について

尿中代謝物の生物学的モニタリングによるピレスロイド系殺虫剤のヒト集団曝露量分析と評価について

レコードナンバー792700論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名上山 純
斎藤 勲
上島 通浩
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ35巻・ 2号, p.87-98(2010-05)ISSN1348589X
外部リンク
全文表示PDFファイル (788KB) 
抄録現在、ヒトにおける低用量のピレスロイド系殺虫剤曝露に関するリスク評価は、一般には食事からの残留農薬摂取量評価により行われている。ヒトを対象とした研究から得た個人曝露レベルに関する情報は少ないが、それはピレスロイド曝露の生物学的モニタリングが容易でないことに理由の一端がある。この障壁は近年、分析化学の進歩により克服されるようになった。高速液体クロマトグラフ質量分析計やガスクロマトグラフ質量分析計を用いることにより、ピレスロイド系殺虫剤の尿中代謝物の分離及び高感度の定性・定量を、今日では確実に行うことができる。本総説では、尿中ピレスロイド代謝物の生物学的モニタリングについて全体像を提示するとともに、一般生活者集団における尿中代謝物量に関する報告を整理する。そして、環境衛生学領域におけるこのモニタリング研究の将来展望について述べる。
索引語生物学的モニタリング;尿中代謝物;ピレスロイド系殺虫剤;ヒト;ヒト集団曝露量分析;評価;研究;低用量;ピレスロイド系殺虫剤曝露;リスク評価
引用文献数72
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat