8年で架け替えられた歩行者用木橋の腐朽

8年で架け替えられた歩行者用木橋の腐朽

レコードナンバー792809論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
著者名酒井 温子
岩本 頼子
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ39号, p.1-7(2010-04)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (459KB) 
抄録近畿地方のある公園に架設され、8年後に架け替えられた歩行者用の小型の桁橋について、予想以上に短期間に腐朽した原因を検討した。この木橋では、床版には劣化は目立たず、その下の主桁と床組の上部が著しく腐朽していた。主桁と床組はベイマツの集成材で、ラミナ段階で第四級アンモニウム化合物系の木材保存剤が加圧注入されていた。主桁の腐朽部位から単離された木材腐朽菌は、DNA同定と菌体の形態観察から、チョークアナタケと判定された。この菌の木材分解力を調べたところ、ベイマツ心材を辺材と同じ程度に分解することができた。また、第四級アンモニウム化合物を含浸させたベイマツ試験体を分解できなかったことから、この薬剤はこの菌に対して十分な防腐効力を有していると判断された。一方、第四級アンモニウム化合物の呈色反応および定量分析の結果、この主桁には薬剤がほとんど浸潤していないことが明らかとなった。以上より、この木橋の主桁が短期間に腐朽したのは、ベイマツ心材を辺材と同じ程度に分解できるチョークアナタケによって攻撃されたことと、木材保存剤の浸潤が不良であったことが原因であると結論づけられた。
索引語主桁;腐朽;分解;菌;第四級アンモニウム化合物;木橋;床組;木材保存剤;チョークアナタケ;ベイマツ心材
引用文献数9
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat