エチゼンクラゲNemopilema nomuraiの硬さの部位別および時期別変化について

エチゼンクラゲNemopilema nomuraiの硬さの部位別および時期別変化について

レコードナンバー792878論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名岩谷 芳自
家接 直人
前田 英章
井口 直樹
広瀬 美由紀
松下 吉樹
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ76巻・ 4号, p.630-636(2010-07)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (622KB) 
抄録エチゼンクラゲNemopilema nomurai(以後、大型クラゲと記す)の裁断駆除に必要な力を明らかにするために、2007年11月から翌年1月に福井県美浜町に入網した大型クラゲ計40個体を船の甲板に引き揚げ、傘径および果実硬度計を用いて、傘頂、傘縁および傘頂と傘縁の中間(以後、傘中と記す)の硬さを測定した。傘径と硬さには相関がなく、上傘および下傘の傘縁で差が認められなかった。時期にかかわらず傘中の硬さが、他の部位より有意に低かった。また、12月以降の傘縁の硬さは、約50N/cm2から約80N/cm2に有意に高くなることが分かった。
索引語硬さ;エチゼンクラゲNemopilema nomurai;傘縁;部位別;傘径;傘頂;下傘;時期別変化;大型クラゲ;裁断駆除
引用文献数12
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat